読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ベルギー旅行記1

Bonjour

前回はイギリスの旅行について書きましたが、今回はベルギーについて書こうと思います。ベルギーといえば、EUの本部があるところ、ワッフル、チョコレート、ビール等々、多くのものがあります。

今回はベルギーの夕食で食べたムール貝を紹介したいと思います。

 

夕食

『Moule Go Go』というベルギー内では一応美味しいムール貝が食べれるというお店です。2年前ほどに行ったときは、プレーンを食べました。

 

f:id:shigefumiokubo:20170315042606j:plain

今回もプレーンを頼んだのですが、前ほど美味しくはありませんでした。Chefが変わったのか、仕入れ先が変わったのか、ムール貝の質が落ちていました。あと、前にはほとんどなかった砂利が混じっていて、口の中で砂利の音が鳴り、歯と砂利の不協和音が私を悩ませていました。

 

f:id:shigefumiokubo:20170315042802j:plain

上の部分はしっかりと浸っていないのか、味がまったくしませんでした。下へ行くと味がしみ込んでいておいしかったのですが、濃かったです。セロリも多く、ムール貝よりも多い感じがしました。

 

f:id:shigefumiokubo:20170315042935j:plain

唯一食べれたFrench Friesも、この少量です。2年前は、この倍はありました。ちなみに、ベルギーでは、French Friesやフライドポテトとはいわずにフリッツといいます。

 

f:id:shigefumiokubo:20170315043145j:plain

空の貝殻を捨てるボールです。たまに閉じたままの貝がありましたが、これは食べてはいけません。殻の閉じた貝は死んでいるからです。

 

結果として、前よりもまずかったことがわかりました。『Moule Go Go』はグランプラスにある観光客用のムール貝を食べるレストランと同じようになってしまいました。

しかし、ここだけが美味しいムール貝を提供する店ではありません。また、機会があったのなら他の美味しいムール貝を食べていきたいと思います。

 

では、また。