読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イギリス旅行記13(前編1-3、中編、後編)

Good afternoon!

今日は、ハリーポッターの前編、中編、後編を終わらせたいと思っています。

前編1-3

f:id:shigefumiokubo:20170308021752j:plain

これは、9・3/4線の電車に乗せる荷物です。右横にある鞄らはマグルの世界でも有名ですが、左側にあるフクロウを入れるケージは魔法世界でしかみられないでしょう。

f:id:shigefumiokubo:20170308021936j:plain

映画全話に出てくる汽車です。しかし、いつも不思議でならないのですが、なぜ汽車なのか。マグルはハイテクな新幹線にのって2時間ほどで東京から大阪まで行けますが、魔法使いたちはこの汽車にのって夜にようやくホグワーツに着きます。ホグワーツで姿あらわしができないのなら、ホグワーツ直前までパッと姿あらわしをしたらいいのに・・・電車代はいくら払ってるのだろうか?

f:id:shigefumiokubo:20170308022217j:plain

キングクロス駅でお馴染みのカートが壁に突っ込んでいるシーンです。壁の向こう側に行けません。壁からカートを引き戻せません。そして、ここはキングクロス駅ではないので、どっちみち向こう側の駅には行けません。私も何度か試してみましたが、いけませんでした。

f:id:shigefumiokubo:20170308022413j:plain

f:id:shigefumiokubo:20170308022432j:plain

上の写真は映画の最後に撮った衣装です。下の写真はホグワーツに行く際にロンとハリーが座っていたところにお菓子売りが来るという場面。上の写真と下の写真を比較すると、ハリーもロンもおっさんになったんだな・・・

f:id:shigefumiokubo:20170308022612j:plain

秘密の通路が分かるマップです。ホグワーツ限定なのがちょっと残念。

f:id:shigefumiokubo:20170308022649j:plain

バタービールソフトクリーム。キャラメル味でした。

f:id:shigefumiokubo:20170308022737j:plain

バタービール・・・ソフトクリーム味でした。ビールちゃうやん!!

 

中編

庭みたいなスペースで先ほど貼りましたバタービールやバタービールソフトクリーム食べながら展示されている他の作品に出てきたものを見れます。

f:id:shigefumiokubo:20170308022948j:plain

Knight Bus、夜に走るバスだと最初はNight Busだと思っていましたが、騎士のKnight でした。どこらへんがKnightかわかりませんけども。

f:id:shigefumiokubo:20170308023042j:plain

バーノンおじさんが住んでいたプリベット通り。結構小さいなと思っておりました。

f:id:shigefumiokubo:20170308023205j:plain

ハリーに届く手紙の舞が居間を直撃し、ハリー以外怖がったシーンに使われた部屋。確かに暖炉からこんなものが来たらびっくりするでしょう。

f:id:shigefumiokubo:20170308023336j:plain

斜めになっているホグワーツでの廊下。別に設計に失敗したではなくて、これがホグワーツに使われている橋のところです。

f:id:shigefumiokubo:20170308023453j:plain

斜めになっている家です。これどこで使われた家でしったか忘れてしまいました。

f:id:shigefumiokubo:20170308023541j:plain

ハリー達が戦った魔法のチェスに出てくるKing。いつか動くチェスとか誰か作ってくれたらいいな。

f:id:shigefumiokubo:20170308023650j:plain

ここらへんはクリッチャーや伝説上の生物部門でした。この顔、そうです最初は怪しい紫のターバンを被っていたクィレル先生。ラスボスかと思いきや、禁句さんに取付かれていただけのザコキャラさんです。

f:id:shigefumiokubo:20170308023918j:plain

第二期の『ハリーポッターと秘密の部屋』の際に石になった生徒たちを解除する際に役立てたマンドレイク。たった1シーンだけでしたが、強烈な存在を見せてくれています。ボタンを押すと動くのですが、鉢から顔を出すだけでした。腐った色のしたニンジンに見えてしまいました。

f:id:shigefumiokubo:20170308024203j:plain

死を見たことのある人間だけみることができるセストラル、どうやら私も死をみたことのある人間に分類されてしまったか。翼がないのに、空を飛べるなんて、素晴らしい天馬の一種ですね。

f:id:shigefumiokubo:20170308024723j:plain

秘密の部屋に入った際、若き頃の禁句さんが従えていたバジリスク。目を直視すれば、嘆きのマートルみたいにゴーストになり、直接ではなく鏡や水、ゴーストを通して見ても石にされるというチートな生き物です。ただ、そんな強い生き物もゴードリックの剣には完敗してしまいました。禁句さんが出てくる回では、どうやら黒幕も中ボスに変わってしまうのでしょうか。

f:id:shigefumiokubo:20170308025100j:plain

グリンゴッツの建物。中には入れませんでしたが、ここには小鬼がいて、金を秤で量っていますし、たまに金庫を破られて何も盗まれなければ、金庫の番人であるドラゴンを逃がされたりなどかなり危ない銀行です。

f:id:shigefumiokubo:20170308025307j:plain

フレッドとジョージがハリーの優勝賞金で作ったWWW、アンブリッジ先生の授業を妨害するためのグッズ、いたずら専門のグッズ、闇の陣営と対抗できるグッズなど多くのものを売っている店です。私もこんな店行ってみたい。

f:id:shigefumiokubo:20170308025726j:plain

ゲロを吐いている女の子。ゲロのように見えて、実はこれお菓子なのでした。わかるかい!!

 

後編

f:id:shigefumiokubo:20170308025852j:plain

前編・中編はどちらかというと完成された物を展示してありましたが、今回はこれを作っていった設計図ブースでした。角度の調整、細かな数字によって修正した部分、城ならこういった広さなど細かく、杖や箒の設計図もありました。驚きです。

f:id:shigefumiokubo:20170308030034j:plain

そして、実際のホグワーツの模型です。ところどころ未完成なところもありますが、それでもよくこんなものを作ったなっと思いました。ここが終わると店になっておりまして、ここで終わりです。では、最後に・・・

f:id:shigefumiokubo:20170308030126j:plain

ハリーポッターを演じたDanielさんの手

f:id:shigefumiokubo:20170308030231j:plain

ロンを演じたRupertさんの手

f:id:shigefumiokubo:20170308030302j:plain

ハーマイオニーを演じたEmmaさんの手。

ハリーポッター全作品を演じてくれて本当にありがとうございました。途中オッサンになったり、ヒロインが男前になったり、多くのパチモンの登場で読者も惑わされたりしましたが、この映画があったからこそ魔法という単語が有名になったのではないでしょうか。

ちなみにハリーポッターパチモンのタイトルは

『ハニータッカーと魔法の対決』:イギリスの魔法使いと日本の陰陽師の夢の共演

『パリ―ホッター 落ちこぼれ少年魔法使い危機一髪!』魔法使いたちによる同族同士の争い

『パリ―トロッターと愚か者のパロディ』と『パリ―トロッターと誰も望まない続編』

『ポリーハッタ―と石の賢者』:著者から苦情が来た作品

『ターニャグロッターと魔法のコントラバス』:著者が怒って裁判沙汰になりました。

『ハリ・ブッタル』:本ではなく、インドの映画なのですが、ワーナー・ブラザーズから訴えられています。

等々、多くのパロディが存在します。

しかし、私はハリポッターシリーズをこよなく愛しています。映画も好きです。

このようなツアーに参加できてとてもうれしかったです。

 

~番外編~

ハリーポッターの店にはグリフィンドールのマフラー、スリザリンのクッション、ハッフルパフのマグカップ、レイブンクローの帽子など多くのものがありました。しかし、私が一番興味を持ったのは、杖です。オリバンダ―作の杖たちに興味を持ち、手にとりましたが、正義たちの杖はいまいちぱっとしませんでした。禁句さんの杖は派手でしたし、シリウスを殺したおばさんの杖は曲がっていました、そして私にぴったりだったのが、これ・・・

f:id:shigefumiokubo:20170308032128j:plain

死喰い人の杖です。作中の杖だと思うのですが、幹部クラスのものではありません。構成員A、B、C辺りの杖だと思います。

f:id:shigefumiokubo:20170308032223j:plain

ちょっと暗くてわかりませんが、髑髏になっています。闇の印です。

f:id:shigefumiokubo:20170308032254j:plain

ハリーよ、すまんな。私は闇の陣営に属することになった。杖がかっこいいから。

f:id:shigefumiokubo:20170308032341j:plain

ま、こんな感じです。今から呼び寄せの呪文、鍵を無くしたときにドアを開ける呪文、防水呪文、タップダンス呪文、盾の呪文、いつか会うであろうディメンターから守る守護霊の呪文を練習するぞ。

f:id:shigefumiokubo:20170308032808j:plain

カエルチョコレート

f:id:shigefumiokubo:20170308032822j:plain

本当にカエルかと思うぐらい大きいが、固い。ハグリットが出すロックケーキみたいに固い。

f:id:shigefumiokubo:20170308032900j:plain

ダンブルドアだと思いきや、ハッフルパフを作った創始者でした。太った婦人といい勝負なように思える。