読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イギリス旅行記13(前編)

Good afternoon!

今日は、昨日予告した通り、Warner Bros. Studio Tour Londonに行ってきました。ツアーを組んでいたおかげで、朝早くに入ることができました。

写真が多いので、それぞれ、前編、中編、後編と分けます。では、お楽しみください。

 

f:id:shigefumiokubo:20170305055730j:plain

我々をWarner Bros. Studioまで連れて行った赤い二階建てバスです。

f:id:shigefumiokubo:20170305055641j:plain

私たちは二階の方に座りました。中は、普通の二階建てバスですが、なんとテレビがついており、ツアー参加者を退屈させないために『ハリーポッターと賢者の石』を放送していました。全部見ることはできませんでしたが、『ハリーポッターと賢者の石』のネビルの箒が勝手に浮かび上がって、骨折し、フォイフォイ君が思い出し玉をつかんだところで、目的地につきました。

f:id:shigefumiokubo:20170305060505j:plain

天気は曇りでしたが、写真の通り結構晴れていました。外にはチケットを買うことができ、ツアーに参加していた我々はチケットをもう買っていたのですぐに中に入ることができました。

f:id:shigefumiokubo:20170305060759j:plain

これが入場券です。なかなかイカしたデザインです。

f:id:shigefumiokubo:20170305060904j:plain

もう亡きスネイプ先生(´;ω;`)がお迎え、その隣のフォイフォイ君は何度写真を撮っても光に嫌われているのか反射して撮れませんでした(^∇^)アハハハハ!。

f:id:shigefumiokubo:20170305061253j:plain

ムーディー先生と若いころのハーマイオニーです。一人は白黒写真で、もう片方はカラーです。

f:id:shigefumiokubo:20170305061501j:plain

そのムーディー先生の隣がウィーズリー夫妻の写真です。一人だけ白黒写真なので、亡くなったのかと心配になって調べてみましたが、まだ俳優の仕事をしていました。

f:id:shigefumiokubo:20170305061831j:plain

第三作ー最後まで出演していたダンブルドアが右におり、凛々しくなったハーマイオニーです。上のかわいい彼女が、ここまでかっこいい変身するとは、誰が想像したでしょうか。

f:id:shigefumiokubo:20170305062058j:plain

先ほど言った光の反射によって全く映らないフォイフォイ君。その隣の空飛ぶ車は普通に映るというのに、不思議だ。

f:id:shigefumiokubo:20170305062144j:plain

まだ若かったハリーポッター君とベアトリックス・レストレンジの写真です。

f:id:shigefumiokubo:20170305062242j:plain

フォイフォイ君のお父上は普通に顔が映る(。´・ω・)?謎現象発生していました。

f:id:shigefumiokubo:20170305062405j:plain

シネマに入る前にダドリー君、バーノン一家とハリーが寝ていた階段下の部屋が見ることできます。

f:id:shigefumiokubo:20170305062830j:plain

あ、ロンの写真とシリウスの写真を載せるの忘れてました。

f:id:shigefumiokubo:20170305062556j:plain

f:id:shigefumiokubo:20170305062937j:plain

こんなところに住むなんて・・・楽しそうだな!!最初の映画では、ダドリーがジャンプする度に埃が落ちてきていたのが印象的でした。

f:id:shigefumiokubo:20170305063245j:plain

と寝るだけかと思いきや、ここに住むのはちょっと嫌かな。

f:id:shigefumiokubo:20170305063404j:plain

そして、待っている間のJ.K.Rowlingが「No Story lives unless someone wants to listen」言っています。

ここから世界中で発売された映画の題が映し出されていました。そして、映画を作る過程、映画に使われた何千と何万という種類の道具、何人という製作者たちとの協力を得て作られたことで、ホグワーツの大広間に入ることができます。

f:id:shigefumiokubo:20170305064334j:plain

この扉の近くにある銅像たちは、ホグワーツの戦いで生きた人形となってホグワーツを守ったと思われます。

f:id:shigefumiokubo:20170305064422j:plain

このホグワーツの大広間に入る際に、スクリーンにこのシーンとハリー、ロンとハーマイオニーが扉に入るという演出がされ、そのスクリーンが上に上がると本物が登場するというなかなか面白い演出でした。

f:id:shigefumiokubo:20170305064811j:plain

ということで大広間です。

f:id:shigefumiokubo:20170305064830j:plain

近くに銅像たちがランプを持ち、生徒たちや我々参加者たちを迎えてくれています。

f:id:shigefumiokubo:20170305064924j:plain

それぞれのレーンがそれぞれの寮の服が提示されていました。

f:id:shigefumiokubo:20170305065125j:plain

劣等生という意味で有名かもしれないハッフルパフは、四寮の中で一番闇の魔法使いが少ないこと、シンボルが穴熊であること、そして黄色いと黒がイメージカラーです。

 

f:id:shigefumiokubo:20170305065021j:plain

レイブンクローという機知と知識をこよなく愛するのですが、自分の基準に合わない知性の持ち主であるならば虐めが発生したちょっと怖い寮です。青と銅がイメージカラーです。小説では大鷲、映画では大鴉です。

f:id:shigefumiokubo:20170305070138j:plain

f:id:shigefumiokubo:20170305070123j:plain

狡猾な者が多く集まり、最も闇の魔法使いが多い寮です。フォイフォイ君やスネイプ先生、禁句さん出身の寮です。緑色と銀色がイメージカラーで、蛇がシンボルです。

f:id:shigefumiokubo:20170305070402j:plain

ホグワーツの四つの寮を示すシンボルです。

f:id:shigefumiokubo:20170305070635j:plain

みんな大好きグリフィンドールです。グリフィンドールは騎士道を持ち合わせている人たちが集まる人もいるが、中には、スリザリンよりも狡猾で傲慢な者が多いことで問題になっている寮でもあります。シンボルはライオンで真紅と黄金です。

f:id:shigefumiokubo:20170305071334j:plain

ムーディー先生とトレローニー先生の衣装

f:id:shigefumiokubo:20170305070648j:plain

フリットウィック先生の衣装

f:id:shigefumiokubo:20170305071553j:plain

マクゴナガル先生、ダンブルドア先生、スネイプ先生の衣装です。

f:id:shigefumiokubo:20170305071940j:plain

ハグリットの衣装とフィルチの衣装です。

f:id:shigefumiokubo:20170305072003j:plain

そしてこの椅子に座るダンブルドア先生の椅子でした。

f:id:shigefumiokubo:20170305072044j:plain

それをもっとアップにしたものです。

 

もっと長くなるので、今日はこれまでです。前編も少し長くなりますが、どうぞ明日も見てください。

では、また。