イギリス旅行12

Good afternoon!

今日は、英語の学校の最後の授業でした。

昼食はかなり寂しかったですが、金曜日で母と会う事になり、豪華な夕食を食べました。

 

昼食

f:id:shigefumiokubo:20170304055738j:plain

Holbornの学校近くの写真です。最初学校に通うとき、時計台があると思い、よく見てみると時計台ではなく、時計のプリントがしていて、10時10分を指しています。

f:id:shigefumiokubo:20170304060224j:plain

BBQポークロールです。安いくて、ハンバーガーのピクルス抜きみたいでした。

f:id:shigefumiokubo:20170304060315j:plain

BBQ味じゃなくて、薄味でした。

 

夕食

Casa Brindisaというスペイン料理屋さんでご飯を食べました。

f:id:shigefumiokubo:20170304061032j:plain

こちらはワインのメニューです。私は飲めないのでワインは頼みませんでした。

f:id:shigefumiokubo:20170304061137j:plain

様々なメニューが載っています。メニューの本ではなく、紙のシートです。

f:id:shigefumiokubo:20170304061225j:plain

オムレツです。ジャガイモ入りオムレツで、冷たくなく、熱くもなくちょうどいい温度でした。かなり美味しかったです。

f:id:shigefumiokubo:20170304061551j:plain

タコの足とジャガイモピュレです。オーブンでやいてあって美味しかったです。足がそんなに縮んでおらず、なかなか美味しかったです。

f:id:shigefumiokubo:20170304062609j:plain

ホウレン草の茹でてあり、塩加減もよかったのですが、食べていると塩辛かったです。

f:id:shigefumiokubo:20170304062758j:plain

ラムの肉とポテトとトマト焼いたものです。ラム肉が臭い人はあまり好まないかもしれませんが、私はラム肉が大好きなので、大好物でした。

f:id:shigefumiokubo:20170304062955j:plain

ガス水とビールです。ビールの方は普通だと言っていました。ガス水のガスは微妙でした。

f:id:shigefumiokubo:20170304063054j:plain

そして、久しぶりの枝豆でした。全部食べてしまいました。これはアパートに帰ってから食べたものです。

 

スペイン料理といえば、ジャガイモオムレツしかしりませんでしたが、あんなに多くの物があるとは思いませんでした。

明日は、ハリーポッターツアーで、朝早く起きなければなりません。

明日のブログはもっと多く載せれると思います。

では、また。

イギリス旅行記11

Good afternoon!

今日も授業があり、観光ができませんでしたので、また食べたものを載せようと思います。風邪のほうも治りかけていますが、咳がまだでています。

昼食

f:id:shigefumiokubo:20170303042635j:plain

今回は、Hot spicy chickenを食べてみました。パニーニです。

f:id:shigefumiokubo:20170303042707j:plain

f:id:shigefumiokubo:20170303042734j:plain

中にはトマト、ピーマン、辛めのソース、そしてチキンが入っていたのですが、チキンがものすごく少なかったです。

 

夕食

f:id:shigefumiokubo:20170303042845j:plain

昨日はItalian saladaだったので、今回はギリシャのサラダにしてみました。

f:id:shigefumiokubo:20170303042921j:plain

チーズとオリーブが入っていて、ちょっと塩辛かったですが、なかなか美味しかったです。

f:id:shigefumiokubo:20170303043008j:plain

タイカレーで美味しかったです。甘口のカレーでした。

 

デザート

f:id:shigefumiokubo:20170303043336j:plain

そして、デザートにチーズケーキです。私は、昨日食べたパンナコッタよりもチーズケーキの方が好きです。チーズケーキはデザート界の女王だと思います。ショートケーキはデザート界の騎士、モンブランケーキはデザート界の大臣、そしてティラミスはデザート界の王女というイメージです。デザート界の王はまだ登場していないと考えています。

こちらのチーズケーキは下がクッキーになっており、チーズのほうも下の上でタップダンスをしているかのような味でした。なかなか優雅な一時を味わうことができました。

 

それでは、みなさん、また。

 

イギリス旅行記10

Good afternoon!

風邪もだいぶ治まってきましたが、気を抜かないでいきたいと思います。

今日も授業があったので観光はできませんでした。なので、また昼食と夕食について書きたいと思います。

 

昼食

f:id:shigefumiokubo:20170302051250j:plain

昨日はBBQポークでしたが、今回はシンプルにハムとチーズのパニーニを選びました。

f:id:shigefumiokubo:20170302051338j:plain

f:id:shigefumiokubo:20170302051349j:plain

見てわかる通り、ハムとチーズしか入っていませんでしたが、それでもお腹はいっぱいになって大満足でした。ハムも塩辛くなく、チーズも薄くなく満足できる量の昼食でした。

 

夕食

昨日のような失敗をしないため今日は、Sour & Chickenの暖かいご飯と野菜をあまり食べていなかったことに気付き、Itarian Saladaにしました。

f:id:shigefumiokubo:20170302051643j:plain

f:id:shigefumiokubo:20170302052156j:plain

ご飯と甘いソースが混ざり合って、何杯でも食べれました。

 

f:id:shigefumiokubo:20170302051730j:plain

Itarian Saladaとは、単にイタリア産のチーズとバルミックドレッシングの単なるサラダですが、これがなんともシンプルな味、しつこくなく食べれる味でした。サラダにポン酢をかけて食べるようなものです。

f:id:shigefumiokubo:20170302052010j:plain

本当にシンプルなサラダです。チーズも美味しかったです。

f:id:shigefumiokubo:20170302052236j:plain

デザートにパンナコッタを選びました。今日は一つ食べて、もう一つは明日の朝に朝食として食べようと思います。

f:id:shigefumiokubo:20170302052322j:plain

プッチンプリンのような作りをしており、こちらで食べたほうが美味しく感じて、お皿にのせました。

f:id:shigefumiokubo:20170302052452j:plain

見てください。この輝き、シロップ。優雅な夕食を終えることができました。

 

風邪もだんだんと治ってきているので明日からは、もうちょっとましな料理を食べようかなと思っています。

 

では、また。(´・ω・`*)ノシ バィバィ

 

 

イギリス旅行記10

Good afternoon!

風邪もだんだんと治まってきました。

完治はまだ残念ながらしていません。今日もやはり授業があったので観光できませんでしたが、昨日と同じように何を食べたかを載せていこうと思います。

 

昼ご飯

f:id:shigefumiokubo:20170301043232j:plain

今日は学校の近くにあるEAT.というお店に入りました。実はこのお店に入るのは初めてで、どのような品物があるのかわくわくしました。スターバックスのような雰囲気で中で食事している人もサラリーマンや学生が多かったです。せっかく入ったので、暖かいものを頼もうと思いました。ラテコーヒーのラージとBBQ豚と言われているものです。

 

f:id:shigefumiokubo:20170301043445j:plain

開けてみてびっくりしました。なんじゃこりゃ!豚のバーベキュー味と米、そしてサラダが一緒に入っているではありませんか。大丈夫か?と不安に思いましたが、せっかく買ったので食べてみることにしました。

f:id:shigefumiokubo:20170301043611j:plain

美味しかったです。バーベキュー味とごはん、サラダがまさかここまで美味しいとは思いませんでした。とてもヘルシーな気分にさせられます。コーヒーも美味しかったですが、もう一度食べたいとは思いませんでした。一回目は初めてなので、感動しただけなのかもしれませんし、お腹が空いていたので美味しく感じたのかもしれません。

 

晩御飯

f:id:shigefumiokubo:20170301043820j:plain

授業も終わり、駅の近くにヌードル屋さんがあったので気になって買ってみました。絵が微妙で、箱には女の子がヌードルを食べている写真が貼り付けてありました。私が頼んだのは、酢豚ヌードル...一番ましな食べ物を選びました。

f:id:shigefumiokubo:20170301044024j:plain

中を見て、これはまずそうに思えてきました。中華料理なので大丈夫だろうと考えていました。

f:id:shigefumiokubo:20170301044117j:plain

酢豚は美味しかったです。酢豚は・・・(ノД`)・゜・

麺が最悪でした。イギリス人よ、一体どうやったら麺をここまでまずくできるのか聞きたいほどでした。食べてると酢豚の味がだんだんとケチャップにつけて食べているみたいでした。昼に食べたBBQよりもまずいってどんだけやねん。

お店がガラガラだったことに気付くべきでした。まったく最悪です。明日は、違う店に行ってみようと思います。

というわけで、イギリス人が作る中華料理はまずいということになります。

 

では、また。(*・ω)ノβψε★βψε

 

イギリス旅行記9

Good afternoon!

今日は、授業があったため観光はできませんでしたが、昼食と夕食の食べ物を載せてみました。語る事はそこまでないですが、どうぞよろしくお願いいたします。

昼食

f:id:shigefumiokubo:20170228032324j:plain

暖かい食べ物と冷たい食べ物が分かれていることに最近気づき、買ってみました。Sainsburyはスーパーマーケットです。自分でレジをするのと、店員が応対してくれるので分かれています。自分でやったほうが簡単ですので、もしイギリスに行く際は試してください。

私が買ったのは、トマトとチーズホウレン草入りのパニーニです。なんとなく選んだものです。

f:id:shigefumiokubo:20170228032301j:plain

一瞬固いパンを選んだのかなと思いましたが、違いました。めちゃくちゃ柔らかいです。

f:id:shigefumiokubo:20170228032742j:plain

緑がホウレン草で、伸びているのがチーズです。組み合わせとしては美味しかったです。ただ、味がしつこかったのは欠点でした。イタリア人が発明したパニーニはどんな固いパンもチーズと組み合わせることで美味しくいただけます。

f:id:shigefumiokubo:20170228032913j:plain

受業風景です。このチェックを着ている人物がDavidです。前にもいいましたが、ヴァイキングのような大きさをしています。ドラマー(ドラムをたたく人)で週に二、三回バンドを組んで演奏するらしいです。彼の話によると、ロンドンでの運転免許取得はとても難しく、一発合格者は20%しかいないそうです。彼も6回落ちたと言ってました。ロンドンでは、車を使う機会はないそうですが、地方に行くと免許をもっていないだけで馬鹿にされるらしく、運転免許はとったほうがいいと言ってました。

 

夕食

f:id:shigefumiokubo:20170228033252j:plain

チキンです。ダイエットやあるいは、風邪を引いて何も食べたくないときには最高の食材です。暖かいので調理しなくてもいいです。喉が少し痛かったので、これを食べました。

今回はかなりさびしい食事風景を見せてしまいましたが、風邪が治ったらもっと面白い食べ物を食べようと思っています。

 

では、また。

イギリス旅行記8

Good afternoon!

今日もまだ咳は続いていますが、昨日と比較してみるとまだましな方です。

昨日のブログにも書いた通り、ましになったので科学博物館に行ってまいりました。家族連れが多かったですが、男の子がNatural History Museumの時より多く感じたのは気のせいでしょうか?

グランドフロア

f:id:shigefumiokubo:20170227010927j:plain

エントランスで出迎えてくれるのは、女性ロボット、ロボ子です。近未来的な形で、Hondaのロボットぽいです。

今回は科学博物館に展示してある面白いものを載せていきます。

f:id:shigefumiokubo:20170227011312j:plain

歯車のように回転していきますが、稼働していないそうです。

 

f:id:shigefumiokubo:20170227011349j:plain

焼売に見えましたが、アルミニウム、鉄、銅線でつくられた炉でした。

f:id:shigefumiokubo:20170227011609j:plain

人類は競争が好きです。そのためより速く、軽く競争するにはどうしたらいいのかと考えた自転車屋が開発した軽い自転車のボディです。

f:id:shigefumiokubo:20170227011750j:plain

これはヘリコプターにある回転の羽根の部分だそうです。

f:id:shigefumiokubo:20170227011937j:plain

建築用木材などを削ったものなのですが、一種のアートです。TATE Museumにあるわけのわからない絵なんかより綺麗だと思いました。

f:id:shigefumiokubo:20170227012137j:plain

光が反射してわかりにくいですが、これは、世界を変えた材料というもので、鉄、銅、シリコン、ゴム、ガラス、プラスティックなどが展示されていました。

f:id:shigefumiokubo:20170227012439j:plain

輪っかの内側が光り、何を示すものかわかりませんでした。時計の最新版だと私は思いましたが、しかし時刻を示すものがなく、一体何なのかわかりません。

 

f:id:shigefumiokubo:20170227012637j:plain

体験コーナーがありまして、溶接する際にどんなふうになるのか体験できます。

f:id:shigefumiokubo:20170227012712j:plain

緑色に光っているのがわかります。これは、溶接する際に見える色です。

f:id:shigefumiokubo:20170227012817j:plain

車が逆になって、落ちてこないか心配しました。ここは、車がどのようなものにリサイクルできるか学べるブースです。1955年頃、25%ほどの廃車が埋められていました。しかし、2015年には5%ほどしか埋められていないそうです。

どの部分がリサイクル可能で不可能なのかを映像で教えてくれるのですが、買い物にいった夫婦が車を置いたら、そこに勝手にきた解体屋さんが車を勝手に解体していきます。リサイクル可能なら左部分、不可能なら右部分と分けていきます。夫婦たちが買い物から帰ってくると車はなく、塵しかないので途方に暮れてるシーンで映像は終わります。

イギリスの時計

昔の時計

f:id:shigefumiokubo:20170227013431j:plain

f:id:shigefumiokubo:20170227013516j:plain

やはり、当時は時計を持って運ぶという考え方はなく、置いて見る物だと考えるようになったのではないかと考えます。

 f:id:shigefumiokubo:20170227013522j:plain

光か太陽で見ると書いてあったのですが、太陽がない場合どうしてたのでしょうか。

 

f:id:shigefumiokubo:20170227013531j:plain

これはいまでも動いていました。それにびっくりです。

f:id:shigefumiokubo:20170227013543j:plain

f:id:shigefumiokubo:20170227013552j:plain

f:id:shigefumiokubo:20170227013601j:plain

f:id:shigefumiokubo:20170227013625j:plain

f:id:shigefumiokubo:20170227013635j:plain

f:id:shigefumiokubo:20170227013645j:plain

f:id:shigefumiokubo:20170227013655j:plain

f:id:shigefumiokubo:20170227013707j:plain

f:id:shigefumiokubo:20170227013715j:plain

f:id:shigefumiokubo:20170227013745j:plain

奇抜な時計でいっぱいでしたが、それでも丸い形をしていました。

f:id:shigefumiokubo:20170227013755j:plain

ここでようやく腕時計の登場です。かなり後のほうですね。一応懐中時計はこの前にありましたが、貴族が多く持っていたと書かれていました。

f:id:shigefumiokubo:20170227013734j:plain

この人は、イギリスの時計歴史でもっとも有名な人らしく、20世紀で最も権威のある時計作成者であるGeorge Danielsです。

 

飛行機ブース

f:id:shigefumiokubo:20170227014517j:plain

人は飛ぶことに熱中して、どのようにすれば鳥のように飛べるのかを研究する際に用いられた鳩の飛び方模型。これで空が飛べるかどうかは書いてありませんでした。

f:id:shigefumiokubo:20170227014627j:plain

当時はバルーン、気球に乗るというものが人々を驚かせるものでした。

f:id:shigefumiokubo:20170227014713j:plain

これを背にのせて飛ぶというのも夢を描いていた人が多かったですが、単体では飛ぶものが、人の重みに絶えずつぶれてしまうというのは多かったそうです。

f:id:shigefumiokubo:20170227014809j:plain

それで、飛行船につけられたエンジンです。

f:id:shigefumiokubo:20170227014836j:plain

そして、戦闘機に取り付けられ、人は鉄の塊と一緒になって飛んでいます。

 

電報とテレビブース

f:id:shigefumiokubo:20170227015145j:plain

もう携帯が発明され、メールも電話もできる時代になっています。まだ、そんなものが高くて手に入らず、短い内容を相手に送ろうというときに作られたこの電報。

f:id:shigefumiokubo:20170227015430j:plain

モールス信号で相手に伝えたいことなどアルファベットで分けられています。これを合わせて相手に送るか、それともここから暗号をつくって送るかなど多くのことができますが、携帯のメール機能など便利なものが増えてしまい、ほとんどの人が電報を使わなくなりました。

f:id:shigefumiokubo:20170227015642j:plain

通信室です。実際に当時のものを再現した物です。

f:id:shigefumiokubo:20170227015712j:plain

タイタニック号の沈没の際に電報で伝えていたなど、当時では船に乗せていくのがこれしかなかったのかもしれません。

f:id:shigefumiokubo:20170227015837j:plain

さっきのよりもさらに難しくなったもの。番号順にあり、ピアノのようでそうでないらしいです。

f:id:shigefumiokubo:20170227015927j:plain

タイプライターの登場です。

f:id:shigefumiokubo:20170227015946j:plain

これは、ラジオ局であったラジオの機械・・・だと思います。

f:id:shigefumiokubo:20170227020017j:plain

昔のテレビです。

f:id:shigefumiokubo:20170227020035j:plain

当時テレビが開発された際に、家族全員がこの小さな不思議な箱に魅入られてしまいました。

f:id:shigefumiokubo:20170227020216j:plain

まだテレビが高かった時代、家にテレビがない人は、こうして道に立ち止まってテレビを見つめていました。日本にテレビが初めてきたときもこんな感じでした。テレビという魔法の箱に釘付けなのは、大人も子供も一緒ですね。

f:id:shigefumiokubo:20170227020447j:plain

そして、ようやく家用のテレビが登場します。リモコンも今のように多くの番号が付いていません。

f:id:shigefumiokubo:20170227020805j:plain

これが回って世界中にメッセージを送れるようにできる機械です。

f:id:shigefumiokubo:20170227020839j:plain

上の模型バージョンです。

 

電話ブース

ベルが電話を作ってから、ベルが最初に発明した電話からかなり進化しました。一体どんな風に進化したのか写真を見ましょう。

f:id:shigefumiokubo:20170227021048j:plain

スヌーピーの電話子機。もうみんなでシェアして使うものではなく、個人で使うものに変化していきました。

f:id:shigefumiokubo:20170227021204j:plain

いまでは考えられないほど大きい電話の子機です。

f:id:shigefumiokubo:20170227021246j:plain

シンプル型、赤色型、右側に番号があるなどの電話が発明されていきました。

f:id:shigefumiokubo:20170227021350j:plain

これは、1918年に使われた電話です。

f:id:shigefumiokubo:20170227021442j:plain

こちらは1967年頃の電話機。受話器を外して中の声を聞くと、女性がずっと愚痴をいっております。このころから番号にそって指を回すようになっています。

f:id:shigefumiokubo:20170227021606j:plain

そして黒電話へとつながっていきます。

f:id:shigefumiokubo:20170227021633j:plain

これはグーグルマップの際に使われる自転車に備え付けられた映像マシーンです。

f:id:shigefumiokubo:20170227021712j:plain

上のグーグルはまったく関係ありませんでしたが、今の携帯のように変わっていきます。

f:id:shigefumiokubo:20170227021753j:plain

そして、このような電子機器類やトランシーバーなど変わっていきました。

 

番外編

f:id:shigefumiokubo:20170227020536j:plain

ある学者が人の性格は頭蓋骨の大きさで決まると論文で発表したことがあります。多くの骨を調べた学者でしたが、学会では根拠がなさすぎて否定されてしまいました。実際見て私が思ったのは、一つだけエイリアンの骨としか見えないものが展示してありました。で、何なの?という考えでした。

 

科学博物館が予想以上に混んでいました。それでもなかなか面白い展示物が多かったです。

 

それでは、また。

 

 

イギリス旅行記8

Good afternoon!

風邪がもっとひどくなって、クシャミと咳をするとお腹の辺りが痛くなってしまいました。薬局を探したら、駅にあったので、よかったです。今はだいぶ治まっています。

さて、まだ歩ける元気があったので、今回はNatural History MuseumとVicotria and Albert Museumの中間を通って、その先にあるHyde Parkまで行ってきました。少し雨が降っておりましたが土砂降りではございませんでした。

 

f:id:shigefumiokubo:20170226004049j:plain

これが有名なNatural History Museumの側面です。この角から中に入れますが、初日に行っているので、それを参照してください。

 

f:id:shigefumiokubo:20170226004151j:plain

Natural History Museumの柵に突き刺さっている奇妙な飾り。卵のようで卵ではない変な物体です。何を示すのかまったく知りません。たまに、上の卵が消えて下の飾りだけの場合もありました。

 

f:id:shigefumiokubo:20170226004318j:plain

さらに進むと銅像が立っています。これは公園側から撮った写真です。馬にのった軍人らしき銅像です。

f:id:shigefumiokubo:20170226004519j:plain

このお城のようであり、金色の銅像アルバート公記念碑とのこと。奈良の大仏より小さいですが、それでも近くに行くと圧倒されます。

f:id:shigefumiokubo:20170226004628j:plain

更に近づいて撮った写真です。

f:id:shigefumiokubo:20170226004651j:plain

もっと近づいた写真です。柵が金色で豪華です。

f:id:shigefumiokubo:20170226004753j:plain

この真ん中に座っているオッサンがアルバート公なのでしょう。厳格な雰囲気ですが、今日は特に冷えていたので私みたいに風邪ひかないかなという、どうでもいいことを考えていました。ヴィクトリア女王の夫だっただけあって、すごいのですが、何故公園のど真ん中にこんなものがあるのか不思議です。

 

f:id:shigefumiokubo:20170226004911j:plain

今度はアルバート公と一緒に撮った櫓みたいな写真。

f:id:shigefumiokubo:20170226005030j:plain

このアルバート公の真向かいにあるのが、Royal Albert Hallです。演劇場です。

f:id:shigefumiokubo:20170226005244j:plain

公園の道ですね。この道を真っすぐいけば、Kensington Palace Gardenに繋がっております。この公園には多くの犬連れの人が散歩しており、犬が吠えていることが一度もなく、躾が完璧でした。

f:id:shigefumiokubo:20170226004949j:plain

こちらがKensington Palace Gardenです。ザ・貴族といえるほどのりっぱな建物です。

f:id:shigefumiokubo:20170226005612j:plain

これがどうやらKing William IIIの銅像です。

f:id:shigefumiokubo:20170226005653j:plain

こっちがKensington Palace です。めっちゃ並んでいてびっくりしました。しかしこっちから見ると昔フランス貴族が住んでいた田舎の別荘のように見えてしまいました。

f:id:shigefumiokubo:20170226005826j:plain

こちらは、Queen Victoria像です。Kingと違って白い彫刻なところ、そして周り水で囲まれていて、Kingより扱いが良いと感じられます。

f:id:shigefumiokubo:20170226005936j:plain

拡大バージョンです。

f:id:shigefumiokubo:20170226005958j:plain

このKensington Palace Gardenの真正面にあるRound Pondという池です。実際の大きさは湖のように大きくなく、かと言って池っぽくありません。雨水がたまったように小さいものです。

f:id:shigefumiokubo:20170226010115j:plain

そして、その帰り道です。

帰りは、Science Museumの前を通りました。もし、明日もっと元気になれば、Science Museumにいってみようかなと思います。今日も長蛇の列でしたから。

今までが暑かったのでしょうか?今日はかなり冷え込んでいました。風がひどくならないように買った薬を飲んで安静にしときます。

では、また。